<早起き3日目>年度初日の洗礼

  03, 2018 07:26
おはようございまーす★ 筋肉痛で二の腕がやばい・・・昨晩ジムに行きました。


ジムに通い始めたことの弊害が一つあります。。。
運動しない日が数日続くと、肩こりが発生することです。。。笑
3月22日以降、仕事と研修が続き体を動かす時間があまり取れてなくて、昨日朝から肩周りが重いなーそろそろジム行って発散しようー!と思い立ち、ちょっと仕事残してジムを優先しましたw

今日も大切な一日。大切な会議が続くので、自分だけで進める仕事のペース配分も考えながら、今週の仕事全体も見ながら着手しようと思います。

さてタイトルの「年度初日の洗礼」について。

月末処理に加えて、年度始まりの昨日はルーテインタスクに加え、予想外のことが発生するものだなという話。
しかも月曜だったしね。電話多かったりってのもそのカオスを加速したかもね。

その中で、うちの部署に2月に入社した同僚が外部から一本の電話を受けまして、その電話が要領を得ない問い合わせで、同僚の様子を観察しているとちょっとパニックになりかけているかな、という感じがしました。

でこの時に、私が全部対応を代わる、という選択肢があって、
それを実行するとその瞬間の同僚はとっても気持ちが楽になるんだろうけど、
そうじゃなくて同僚ができるところまで自分の力で対応することを私が「応援する」ことで、
彼女の職務能力がアップして後々そちらの方が役に立つんだな、って思いました。

私は、仕事の場で特に、「人の仕事に手を出しすぎて解決させる」ことを選ぶことがあります。
私がやっちゃった方が早いじゃん。とか。お客さん困ってるから私が対応しちゃうよ、とか。
時と場合によってはそれが良い時もあるでしょうが、それは相手の成長機会を奪っていることもわかってるわけです。

それでもそんな「私ができそうな仕事」を奪ってきた私というのは結局、
「私ができるかどうか分からない挑戦度の高い仕事」をすることから目を背けるのに、
すごく合理的な理由が目の前にあるからやっちゃうのだ、と自分を納得させているのかな、とも思ったんです。

うん、これが私の壁なんだと思います。

今日はもう少し同僚を暖かく見守ろう〜〜♪

さて行くか!
関連記事

0 Comments

Post a comment

What's New